インスリン

4月 12, 2017 |

道路事故や屋根からの転落など、著しく強い力がかかった場合は、複数の場所に骨折が起こってしまったり、骨が外に突き出る複雑骨折となったり、加えて内臓が負傷することもままあります。
現在、若い世代で感染症のひとつである結核に抗する免疫力(抵抗力)を持たない人々が増えていることや、受診が遅れることが主因のアウトブレイクや院内感染が多くなっているようです。
1型糖尿病というのは、膵臓に存在している血糖値を下げるインスリンの源であるβ細胞が何らかの理由でダメージを受けてしまうことが原因となり、膵臓からはインスリンがほぼ出なくなることで発病に至る自己免疫性の糖尿病です。
高血圧(hypertension)の状態が長い間続くと、全身の血管に強いダメージがかかり、頭の先から足の先まで様々な血管に障害がもたらされて、合併症を併発する蓋然性が拡大するのです。
脳内にあるセロトニン(5-HT)神経は、自律神経を調節したり痛みを鎮静化させ、器官の覚醒などを支配しており、単極性気分障害に罹患している方ではその機能が鈍化していることが分かっている。
なんとなく「ストレス」というのは、「なくすもの」「除外すべきもの」と捉えがちですが、実のところ、我々は多種多様なストレスを経験するからこそ、生活し続けることに耐えられるのです。
酒類に含まれるアルコールを無毒化する特徴のあるナイアシンは、辛い宿酔によく効く成分です。辛い宿酔の誘因物質とみられるエチルアルデヒ(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という物質のクラッキングにも携わっているのです。
ジェネリック医薬品(generic drug)は新薬の特許が無効になってしまった後に購入できて、まったく同じ成分で負担分が少なくて済む(薬代の高価ではない)後発医薬品のことを意味します。
下腹部の強い痛みをもたらす病には、大腸の壁が飛び出る大腸憩室症、腎や膀胱などの尿路結石症、原因不明の難病である潰瘍性大腸炎、無菌の腹腔内に炎症が起こる急性腹膜炎、卵巣の疾患などの病名がみられます。
耳鳴りは2種類に大別され、当事者にしか聞こえないと言われる「自覚的耳鳴り」と、血液の流れる音のように他の人にも高性能のマイクロホンなどを利用してみると聞こえてくると言われている「他覚的耳鳴り」とがあるのです。
杉花粉症などの病状(水っ洟、鼻づまり、クシャミなど)のために夜間しっかり眠れない場合、それが因子になって慢性の睡眠不足となり、翌朝起きてからの仕事内容に悪影響を及ぼすことがあります。
季節性インフルエンザワクチン(seasonal influenza vaccine)では、膨大な研究により、注射の予防効果を見込めるのは、ワクチン接種した2週後位から約150日程だろうということが分かりました。
インキンタムシ(陰金田虫)というのは、医学上は股部白癬と称されている、かびの仲間である白癬菌が股間や陰嚢、お尻などの部位に何らかの理由で感染し、寄生してしまった感染症のことで即ち水虫のことなのです。
植物に存在する化学物質、フィトケミカル(phytochemical)のひとつであるスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる有機硫黄化合物が、肝臓が持つ解毒酵素の機能的な製造活動を促進しているかもしれないという可能性が明らかになってきました。
体を動かすのに必要なエネルギー源としてすぐに役立つ糖分、細胞の生まれ変わりに必要な蛋白質など、過度のダイエットではこの2種類に代表される様々な活動を維持するために欠かすことができない成分までも欠乏させる。

Posted in: 未分類

Comments are closed.