血管に強い

2月 1, 2015 |

アミノ酸のひとつグルタチオン(GSH)は、細胞の機能を衰退させたり変異をもたらすような人体に害のある物質を体内で無毒化し、肝機能を促す働きが確認されているのです。

上が140以上、下が90以上の高血圧が長い間続くと、血管に強い負担がのしかかり、身体中至る所のいろんな血管にトラブルが起こって、合併症を誘発する確率が大きくなります。

真正細菌の結核菌は、感染した人がゴホゴホと「咳」をすることによって室内に振りまかれ、空中でフワフワ移動しているのを違う誰かが空気と一緒に吸い込むことによって拡がっていきます。
ヒト免疫不全ウイルス(HIV)を保有している血液、精液をはじめ、母乳や腟分泌液といったいたる所の体液が、交渉相手や乳飲み子などの粘膜や傷口に触れると、感染の危険性が出てくるのです。

生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓に内在するインスリンを分泌する働きを持つβ細胞が何らかの理由でダメージを受けてしまうことにより、膵臓からはインスリンが微々たる量しか出なくなって発病してしまうという自己免疫性のタイプの糖尿病なのです。

Posted in: 未分類

Comments are closed.