証拠をゲットしてから

12月 10, 2014 |

調査には経費が必要ですが、裏付けの取得や浮気調査の委託は、信頼できるプロに任せるのが損害賠償の金額なども考えに入れると、様々な点で得をする方法だと思います。

調査の相手が車両を利用して場所を変える際に、動向を掴んでおくためにGPSロガー等のツールを調査相手の車やバイクに無断で仕掛ける方法は、機器の用途としては違反となるので違法性があります。
浮気の解決手段としては、主として探偵事務所や興信所に浮気の詳細な調査を託し、相手の経歴や素性、浮気現場の写真等の確実な証拠をゲットしてから適切な法的手続きを講じるようにします。
浮気の調査をする際は張り込みや尾行調査が前提条件なので、仮に調査対象に勘付かれるようなことになれば、それ以降の調査活動そのものが難しくなり続けていくことができない状態となってしまうケースもあります。
既婚の男性または女性が妻または夫以外の異性と男女の間柄になる不倫という行為は、あからさまな弁護士が不倫不貞行為ということで周りの人たちから白い目で見られるため、男女の間柄になった時点で浮気とみなす考え方が大半と思われます。

Posted in: 未分類

Comments are closed.