親になった時に役に立つ

11月 27, 2014 |

小2で 男女の 意識は ないと思います。

なんとなく 好きって 感情は ありますが 性別の 理解は 出来てないですね。
思春期に なって 徐々に 男に なっていく 自分に 疑問だったり 嫌悪感を抱いたり することで 初めて 気づくもの ですね。
今朝の朝日新聞に先進地のタイでは個人では「女性」だと主張することは全くの自由なんだけど地位としての「女性」は認めていないそうです

また勢いで手術してしまい後に浮気証拠集め間違いだと気づいて再手術を求め、出来ないと判ると自殺する人がいるそうです

ですから、この児童が自らの体について論理的に考えられるようになるまではメスはいれて欲しくないですね抽象的な話なので全体公開してもあまり理解を得られないのではないか?

と思いましたが、言いたい事が伝わって嬉しいです。

与えられた性器の役割はありますが、誰でも気持ちの中に異性を秘めたりしていると思います。

自分の性別としての役割は責任感を伴うものだと思います。
ほっておくと自分も女性的な行動とったりします。

そういった感情は多分、親になった時に役に立つかなぁと思っています。

昔、男っぽかった事も子供を叱る時に役に立ったりとか。

Posted in: 未分類

Comments are closed.