不可能な肌

11月 23, 2014 |

美容液とは肌の奥深いところまで浸みこんで、内部から肌を活性化してくれる栄養剤の働きをします。

美容液の一番の働きは、ありふれた基礎化粧品では不可能な肌の奥の「真皮」にまで栄養素を届けてあげることになります。

セラミドは肌の水分を守るような保湿作用を向上させたり、肌水分が逃げるのをしっかりと防いだり、外界から入る刺激あるいは汚れや細菌の侵入を押さえたりする役割を担っています。

世界の歴史上の美女と知られる女性達がプラセンタを美容や健康と若さの保持を目的として使用していたとの記録があり、かなり古くからプラセンタが美容に非常に効果があることがよく知られていたということが実感できます。

美容液から思い浮かぶのは、高い値段で根拠もなく上質なイメージを持ちます。加齢とともに美容液への思いは高まりはするものの、「贅沢品」とか「まだ早い」などと今一つ踏み出せない女性は多いように感じます。

プラセンタが化粧品やサプリメントに使われていることは周知の事実で、新しい元気な細胞を作り、新陳代謝を活発にする作用のお蔭で、美容や健康に対し大きな効果を十分に見せているのです。

Posted in: 未分類

Comments are closed.