自浄作用

11月 9, 2014 |

長編の力作、お疲れ様です。
取材したと口ではいいながら実際にはやっていないことを
双葉町からバラされてしまった雁屋などとは、
比べものにならない取材力に脱帽です。

菅官房長官や石原環境相が風評被害を懸念するコメントを出したことに対し、
伊集院光らが、政治による訳あり蟹通販マンガ規制に繋がることを危惧するコメントを出しています。
ぼくは伊集院のラジオ大好きですが、これは筋が違うと思う。
マンガを愛し表現の自由を尊ぶ人であればあるほど、
雁屋と小学館の行いの罪深さを問わなきゃいかんと思います。
政治による規制なんか心配する以前に、
こうしたことに自浄作用の働かない業界であることを危惧するべきなんです。
一冊のムックと美味しんぼを長年愛読し、映画とラジオ以外メディアミックスをほぼ、見るなかで学んだ事で、取材に関しては美味しんぼと互角です。

さっき、小林よしのりの文章読んだら、それくらいで鼻血がでたらもっと問題になるだろうみたいな話してました。

自分も3年前に取材してましたから。

でも、やはり伊集院同様に表現の自由の話になっていました。

表現の自由にやらせやら嘘、暴言も含まれるんでしょうが加減はどうするんだ?とか誤解する人を少なくする為にはどうするのか?

はだしのゲンの時もそうでしたが、それを話題にするなら、そういう話を、素人からアブク銭巻き上げて生きてる表現者達が真剣にやってない気がします。

Posted in: 未分類

Comments are closed.