仲間達を探しに行きます

11月 9, 2014 |

彼等のそういった姿勢に影響されて、敵から味方になる奴がいたり、読者は友人と助け合って生きていく大切さを学びます。

ゴム人間やら喋るトナカイがいる現実味のないバトルにたいして何を向きになってるんだと思ったりするし→犬やサルを黍団子で手なずけて鬼退治をするファンタジーまで否定するのかと思ってしまいますよね。
ジャンプの主人公で初めて自分で目的意識を持って、仲間を集めたのがルフィだと思います→確かにありそうでなかったです。いままでだと、バトルをした相手だとか、同じ学校とか、偶然の出会いが多かったと思います
ワンピースはそういった意味で少年ジャンプの王道をいっています。

しかしながら、他の作品が成り行きや共感で仲間が増えていく事に対して、ワンピースはルフィが、「こういう乗組員がほしい」と仲間達を探しに行きます。

都合よく人材が見つかり過ぎる感はありますが、ルフィが集めた面々は海賊船を動かすにはなくてはならない面々です。

ジャンプの主人公で初めて自分で目的意識を持って、仲間を集めたのがルフィだと思います。

海賊船に限らず船は一人じゃ動かせないわけで、敵の海賊や海軍との戦いも組織VS組織の戦いになっています。

この漫画、長くて面倒くさくなって今は見てませんが、一番の売りは組織作りと組織戦で子供よりも人事やら中間管理職が見た方がいいかなと感じています。

Posted in: 未分類

Comments are closed.