個人的ショック

11月 5, 2014 |

昨日は初めて江蘇省の片田舎でバドミントンしてきました。まぁ色々とカルチャーショックも個人的ショックも受けてきました。

個人的ショックは、やっぱり今年になって2回しか打っていないことによる感覚の無さと、太ってしまったことによる動けなさ、スタミナの無さです。「こんなのもミスるか!」と自分に唖然とすること数回、体力的にも辛いし、本当に疲れました。

疲れる理由の一つは、中国では基礎打ちってほとんどしないんですよ。クリアー数発打ったら、即半面シングル。これをかなり延々とやります。今日は羽根が飛ばないこともあって、これだけで死にかけました。見た目には全然楽勝の相手なのですが、羽が飛ばないんでラリーが延々と続くんです。それと、このクラブはなぜかヘアピンに見せかけたロブのフェイントをかなり下のレベルでも習得しているし、対応してきます。さらに相手は攻めてこないタイプだったので本当にラリーが長かったです。しかも連日の仕事と宴会で、そうでなくても身体が疲れていたみたいで、あっというまに息が上がってしまいました。

Posted in: 未分類

Comments are closed.