可能性

10月 18, 2014 |

できるだけ速やかに慰謝料の回収を済ませ、クライアントが抱えているもやもやした気持ちに一応の区切りをつけてあげることが、不倫の問題での被害者となった方の弁護士の重大な務めだということなのです。

慰謝料については要求をしたくてもできない可能性もあります。相手に慰謝料を要求可能か不可能かについては、簡単には回答することが不可能なことが少なくないから、すぐにでも弁護士との相談を行いましょう。
選ぶときに価格の低さのみに注目して、調査を頼む探偵事務所を決定すると、納得できる報告をもらっていないにもかかわらず、高額な調査料金のみ支払うような場合もありうるのです。
慰謝料として損害を賠償請求するのであれば必須となっている条件を満たしていないとなれば、要求できる慰謝料がほんのわずかな額になるケースや、人によっては浮気相手に対して請求不可能になってしまう場合も起きています。
もうお子さんがいらっしゃるのであれば、仮に離婚して親権については父親である夫が欲しいという希望があれば、実態として妻が「浮気に時間を取られて育児を全く行っていない」という状態にあったことの誰の目にも明らかな証拠なども収集しておくべきです。

Posted in: 未分類

Comments are closed.