発言の矛盾

10月 1, 2014 |

堕落しきった自民党を一度政権交代させる必要から 対抗馬として 民主党支持の時期もありました。
さはさりながら 

この1年で 民主党には 政権担当能力がないことが 歴然としたし 仙石率いる 社会党左派がいかに 危険かは  少しまともな人なら 理解できたはず。
つい 1-2年前までは 仙石氏ら 社会党左派は、マイナーな存在 だった。それが 今度の内閣では 実に閣僚に5人も。 ゆえに そういう状況がはっきりしてきたにもかかわらず 民主党を支持するというのは 愚民だなと。
あと つぼい殿に限らず 最近の20代を見ていて思うのは 他人の発言の矛盾とか論理の整合性には ものすごく敏感なんだけど では 自分の意見が はっきりと説得力があるか?といえば そういう正論での議論がない。論理矛盾をつくのは 揚げ足とりで あり それよりも 例えば 今回の話であれば 反論するならば 仙石氏社会党左派が 問題あるかないかの議論だと思う。
他人の発言の矛盾とか論理の整合性には ものすごく敏感なんだけど まあかく言ってる本人も昔はそうだったんじゃないですか。

Posted in: 未分類

Comments are closed.