10月 1, 2014 |

自分を理解してくれない人間と戦わなければ社会は変革できない。
なぜ、加藤先生ともあろう人が、その既存組織と戦えというアドバイスをせず、

甘やかす ようなことを言うのか」と質問したら「君みたいな気骨のある学生がいるのを嬉しく思う」交通事故治療 東京とはぐらかされた記憶がw 内容的に優れているということで 「遺言作」ではないです。
年齢的に もうこれ以上 年をとっては 本は書けない。 そういうことのようです。
加藤先生は 本の中で「何十年か前に 恩師の気賀健三先生が 「80歳超えると 本を書くのは大変だ」と言われていたが 本当に大変だ。そういう意味で この本を 
私の「遺言」と 思って欲しい」と書かれています。 その加藤先生の恩師の気賀健三教授の息子さんが 私の上司 だった課長でした。世の中 狭いものです。
明治生命と言う会社は 福沢諭吉翁が 創った会社(正確には その弟子の阿部翁ですが。)だけあって 慶応の大物の息女 が多かったですね。気賀課長は 私が 加藤先生の講演会に ご執心だった時に あまりにも 私ばかり 手を上げるので いつも 笑っておられました。思い出してみると 気賀さんは 一度も怒ったことがない人でした。

Posted in: 未分類

Comments are closed.