バブル経済

9月 13, 2014 |

中国で四川大地震が発生した平成20年9月に起きた事件。アメリカの国内第4位の投資銀行であるリーマン・ブラザーズが破綻(日本でいう民事再生) したというニュースがアメリカから発信された。この事件が全世界を巻き込んだ金融危機のきっかけになったためその名から「リーマン・ショック」と呼ばれる ことになったと言う事情なのである。

知らないわけにはいかない、バブル経済(わが国では平成3年まで)について。不動産や株式などといった市場価格の動きが大きい資産の取引金額が行き過ぎた 投機により経済の成長を超過してなおも高騰を続け、当然の結果として投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態を指します。

格付け(評価)のよいところは、難解な財務資料を読めなくても格付けによって、知りたい金融機関の財務の状況や経営状態が判断できるところにある。ランキング表で金融機関同士を比較することも可能なのだ。

知らないわけにはいかない、ロイズとは?⇒イギリスのロンドンにある世界中に名の知られた保険市場であるとともに制定法で法人とされた、保険契約仲介業者とそのシンジケートが会員である保険組合を指す場合もあります。

今はタンス預金なのか?物価が上昇している(インフレ)局面では、上昇分その価値が下がるという現実。当面の生活に必要のないお金だったら、安全で金利が付く商品に資金を移した方がよい。

Posted in: 未分類

Comments are closed.