ホーム進入端

8月 7, 2014 |

先行列車が居ないと思っていたのなら・・・ 上往十里駅への進入は通常の停車ブレーキ扱いをするはず。 停車位置までの距離が220[m]程度あるのなら、

おそらくホーム進入端での速度は60~65[km/h]くらいなんじゃないのかよ!?
何で15[km/h]などという超低速まで減速してたんだよ!???? 言ってることの辻褄が合ってないようにしか考えられないんですがぁ・・・???
というふに考えると・・・(こっから俺の勝手な想像です) 上往十里駅へ近づくにつれて、信号がGからYGへ、YGからYへ、YからYYへと、正常に順次変わった。
運転士はこの信号の変化に従ってブレーキ扱いし速度を落とした。(あるいはATSが正常に動作して強制的にブレーキをかけ減速させた) YY(黄黄2灯点灯:警戒現示)で25[㎞/h]まで減速したところで・・・ 確認扱いしたか、ATS電源を切ったかしてATSの機能を殺した状態で、漫然と運転して、そのまま追突・・・ というふうに考えると、事故の状況と辻褄が合うんですが・・・

Posted in: 未分類

Comments are closed.