平等という点

8月 4, 2014 |

日本で工業が主力である時代は既に終わっており、工業で勝負しても労働力が安い新興国に必ず負けます。故に先進国では、男女平等に技能を高めて技能職につき、

定年まで男女共にフルタイムで働いて行く前提になります。
工業時代の、男の財布に金があって女はそれに養ってもらえた部分と、新産業時代の他の先進国の男女平等の、女に都合の良いところだけ良いとこ取りして持ち上げているのが日本のマスコミの論調です。権利が平等ならば、責任や負担も平等という点を都合よくスルーしています。
消費や集票狙いで手放しで女子アゲしまくった企業・政治家・マスコミは、雇用からも婚活からもあぶれた貧困女性に対して決して責任は取りません。それらの甘言を信じると、今は楽しくても、10年、20年先には必ず後悔するでしょう。
慎重から積極対応へ=凶行相次ぎ転換―ストーカー相談で警察・・。
今年は年頭に、ストーカーやDVや強姦は増えるだろうと予測した。

Posted in: 未分類

Comments are closed.