足を引っ張っている

8月 3, 2014 |

山口組系のヤクザが買い占めていた土地を、小泉家のバックである稲川組系のヤクザがひっくり返して回っているということ。

つまり小泉進次郎の地方巡りは、取り巻きの稲川さんちのヤクザさんを引き連れて回っているということ。
朝鮮系ヤクザ丸出しで、学会とも縁が深い小泉の幕臣であった竹中が、取締役として入っているのがパソナで、パソナの社長の秘書なんだか愛人なんだかって女が、ASKAと一緒に覚せい剤でアゲられた。 これは何を意味するだろうか?
最近、公明は改憲論、特に集団的自衛権の部分で自民と方針を違えていて、事あるごとに足を引っ張っているので、今次国会中に集団的自衛権について法案化するのは難しい状況になってきている。
6月の会期末までに法案を通せないと、次に法案化する機会は臨時国会となり、成立するのは早くても9月、遅ければ12月となる。 米軍が予算不足で縮小してきている現状、アメリカが退いた分、日本が自前でアジア地域の防衛をやるのは時代の流れとして必然で、アメリカもそうしろと望んでいるので、やらないわけにはいかない。

Posted in: 未分類

Comments are closed.