移民公認

8月 3, 2014 |

隠れ移民世帯は多産継続で、人口爆弾として選挙で力を発揮するように既得権を維持し続けること。 移民を公認すると、半島や中国以外の地域からも移民が入ってきて、

いわゆる在日さんたちの特別な移民特権が失われてしまうので、移民公認になって競争率が上がることと在日も普通の移民扱いになることを阻止すること。
そして在日も移民なのだから、移民差別は悪として断罪し浮気調査 島根逆差別特権を維持すること。
これらが左翼メディアの主張。 日本は移民隠しに政治的な意義があったので、肉体労働をしている移民の方がなぜかホワイトカラーよりもエライ逆転現象がある。
北京五輪で中国や韓国がバブルになり、戦後の隠し移民に関する協定をあちら側から破棄してきたので、日本の政治家や経営者にとっても、移民を隠すことによるメリットよりもデメリットの方が上回るようになってきた。 なので移民はどこの国・地域出身であっても、移民は移民として扱います。だから多産なブルーカラーが、少子のホワイトカラーよりもエライという状況はなくします。
というのが政府の少子化対策になる。

Posted in: 未分類

Comments are closed.