同時期

7月 29, 2014 |

ウチの親父は若い頃、朝鮮人(と言ってましたが多分韓国人のこと)の会社で働いていたそう。
大事にしてもらったらしく、当時のことをとても懐かしそうに話します。

昭和30年代後半の話ですが、当時は少なくとも大阪の闇金相談 岩手韓国人には『日本&日本人大嫌い』って反日感情はあまりなかったような感じです。まああるところにはあったんでしょうけど。

それよりも、同時期にやはり大阪にいた親戚が言うには、

韓国人と日本人が結婚しようとすると韓国人の親兄弟が反対するので難しい。
それは彼らには、韓国 > 日本 という意識があって、日本人と結婚すると下流に下るように思っているから

・・・だそうですので、むしろ優越感をもって日本にいたんじゃないでしょうかね。

その優越感が戦後からの日本の復興の速さで打ち砕かれたのが、反日感情の根本にあるのかもしれません。

つまり『日本のクセに生意気だ』ってのが本音じゃないかな~と
『君』の世が千代に八千代に続いた方がいいじゃないか。
世の中がそれだけ平和やってことやん?『君』は日本国と日本国民統合の象徴ってことなんだし。

為政者が選挙で選ばれるシステムは確立してるんだから、
それこそ苔生すまで続いて下さい。

Posted in: 未分類

Comments are closed.