責任というもの

7月 17, 2014 |

集団的自衛権を議論しないといけない状況はどうかと思いますが、仮想敵の相手にとって都合の悪いことをするということについては、外交の定石であるわけでwww 

責任という免罪符 責任って何なんだろう??と、責任という言葉に疑問を覚える。。。
どっかの沈没船事故とかいうのも責任の押し付け合いをしてましたよね(笑)
責任というものは己の問題を認めて対処することで責任を取るわけでありまして、決して誰かに押し付けるものではない。 この件については、浮気調査 福岡生後5カ月の赤ちゃんを病院に行く間の1時間預けて発生したという不幸な事故なわけで、少なくとも施設や行政側に悪意を持っていたとまでは思えないわけです。 誰も現場の実情を知らなかったわけで、そういった意味では現場に立たされた人たちが善意で取った行動と思うわけで、こういった場合、責任を誰に取らせるかということについては不毛のように思えるわけです。 善意=知らない、悪意=知っているというのが、法律の解釈です。

Posted in: 未分類

Comments are closed.